現金化の注意点と違法性

現金化したのに振り込まれない?

現金化で振り込まれない手口は悪評の代表例

困った状況にならなければ、一生の中でもっとも縁の無いサービスであろう現金化。

世間で名の知れたサービス内容では無いだけに、私もはじめて申込みをする際には相当な不安が過ったことを覚えていますが、クレジットカードの現金化を、はじめて利用する人の不安点は以下の3つが代表されます。


  1. 振り込まれるのでしょうか。
  2. クレジットカード現金化の業者にたどり着くまでに、インターネットで検索して、^各業者の店舗に辿りついていることと思います。

    利用者の心情を逆手に取り、そのような詐欺行為を行ったと仮定しましても、インターネットに広告が載せられないでしょうし電話もすることもできないでしょう。

    ホームページを用意するのにも各情報の提出をするわけですから、少なくとも現金化業者を利用して振り込まれないということはあり得ません。

  3. 個人情報を悪用されないのか。
  4. 偽造されたクレジットカードの利用やクレジットカードの無断使用、盗難されたカードの利用防止等の観点から本人確認を求められる場合があります。

    振込む側としての心情もあるようですが利用するほうも不安ですよね。

    あらかじめリサーチの為に、複数のお店を利用しましたが、利用後、数か月経ち同じところに連絡をすると再度個人情報の確認をするところのみでした。

    個人情報は、利用後に削除しているという認識で間違いないですが、あらかじめ削除するよう申し伝えるとよいかもしれません。

    しかし、現金化業者は息の長い営業をしているところは少なく、サイトを開こうとしても閉店をしているところもあります。

    上記にも記載したような悪用が横行されていれば、すでに制裁は下されていて、そのようなお店は閉店され優良な現金化業者のみが存在していて、今現在では新規参入の現金化業者の数はあまり無いというのが現状のようです。

  5. クレジットカードが停止になるのではないか。
  6. 店舗を構えているお店に多いのが、新幹線の回数券をクレジットカードで購入し切符の買い取り業務を行ってもらう方法があります。

    クレジットカードで切符を購入された方はご存じであると思いますが、カードで購入した切符はC制という判子が押されるのです。

    当然、クレジットカードで金券類を購入すれば、高い換金性を持った商品の購入=現金化ということで、クレジットカードの利用停止や限度額の減額など、デメリットが生まれていることは、yahoo知恵袋の口コミを見ても一目瞭然。


「業者なんて使わなくても自分で出来そう」と考えてしまいますが、しっかりとそういったことも捌けるのが現金化業者の強みなのです。

還元率、換金率が低くても振り込まれる店舗の方が多く、振り込まれないということは数少ないようですが、実際にそのような事例もあるようで返金されないということもあるようです。

先程の様に、「自分で現金化」をしたいという欲求こそ盲点であり、そこを付け入る悪徳な現金化業者の存在があります。
※別の比較サイトでも、返金に関する注意喚起をされていますのでよろしければご確認ください。
カードで購入し現金を返金してもらう方法はある?

こうした返金形式の現金化業者の多くは、比較サイトで紹介されている事がありません。

あくまで返金の建前ですから、恐らく現金化として広告してしまうと販売サイトに影響がある事から、他の業者と比較しましても大々的に目にする機会が無いのはないかと考察されます。

とくに買取式とAmazonギフト券を使った換金式に振り込ま無い手口が集中

買取式ですと、商品の売買取引になりますが、当日中に買取代金の一部を振り込みをするが、残金は商品を送り返して、それが業者側で確認出来た後にするというパターンの時は要注意です。

先程の外部サイトで体験談が投稿されていた内容の様に、相手方に振り込む姿勢を少しでも見せれば延々とその期間を伸ばすことが出来るという実態があります。

それは返金式の現金化業者での話でしたが、これを買取式にも当てはめることが出来るのです。

また、Amazonギフト券現金化につきましても、本来はギフト、つまり贈呈用で発行されるものを換金目的に使っているのですから、受け取った業者側は「贈呈された」という都合のよい解釈の元に詐取しているケースがあるようで、現に振り込みがされないとして話題になり、閉鎖された業者を確認しています。

振込を行わない業者に捕まらない為には

基本的に情報が少ない店舗での利用は避ける事が賢明とされ、比較サイトや口コミがネットに有りますので利用しないのは非常にもったいない事。

3桁におよぶ業者数があると言われていますから、掲載されていないようなところよりも情報の多い店舗から比較しておくとよいでしょう。

即時即日振込対応のスタイルで運営されている店舗を利用するのであれば問題は有りませんが、買取式(質屋タイプ)や返金式(キャンセル式)を用いるところでは、当日は一部だけの金額を振込んで残りの金額についてはまた後日になる事が多い為、日数を要する事が多く、優良店ならまだしも悪徳店ではわざと何癖を付けて振込を遅くしたり、振り込む用意はあるなどと口だけは姿勢を示して泣き寝入りする事態になる事もあります。

少なくともグレーな商売ですが実際に10年以上も営業されている業者も有り、合法に処理できる方法も実在するのが現実で、ニュースになるような店舗はランキングでも上位に来ることも無く、評判についても乏しいところばかりでしたので営業方法に問題点があるようです。

ついつい振込の事ばかり気にしてしまいがちですが、このようなサービス内容ですから業者の説明が一切無いところや、説明があったとしても事細かな配慮が無かったり、こちらの質問に対してちゃんと回答を得られないような営業対応をするところについては、利用後のトラブルを招く恐れがありますのでキャンセルをしてください。

とくに、還元率や換金率が高い表記をする業者については細心の注意が必要とされ、たとえば「キャッシュバック率100%還元」の文字を見たときに、あなたは何を感じますでしょうか?

現金化業者の営業トークは「利用させたい」が念頭にある

顕著な悪意ある営業トークとして、表記される換金率は正しいと説明しておきながら、そこから手数料が差し引かれる場合です。

とくに手続きがまだ最初の段階では具体的な手数料の存在について説明が無く、「あ、優良店だな〜」なんて思いきや、手続きが最終局面になってからはじめて手数料の存在について説明をするというイヤラシイ店員も問い合わせ調査の中でいました。

利用者の視点から考えると、たとえば100万のショッピング枠が100万手元に来るように感じますが、業者は「振り込む確率」を示しており、誤誘導を誘っているもので、あたかも優良店と信用させるための悪質極まりない詐欺業者なのです。

グループで営業をしている業者もいるようで、全部が単独で事業を行っているということは無く、一部では利用者のターゲット層や嗜好の観点から複数の現金化サイトを窓口にし、利用者の情報共有がなされているところもあるでしょう。

とある情報では、資金豊富なグループでは、業態を現金化業者だけでなく、Amazonギフト券現金化業者のように別運営に見せかけるなどして、2桁もサイトを運営しているとか。

関連記事

  1. 現金化業者は自作自演をしている?

  2. 現金化に悪徳業者って存在するの?

  3. 未成年

    現金化は未成年(学生含む)も実行できる?

  4. 現金化の他にも債務整理で解決できる場合がある

  5. 現金化の違法性とは?

  6. 利用する前に把握しておきたいリスクと考え方

PAGE TOP